水漏れ

そして又もや後には、街道と、四條畷市 水漏れと、読者もお馴染の三頭の馬と、水漏れと、水道と、茫たる界隈の田野ががらんとして取り残されたのである。何処であろうが、到るところ、この世の中では、あの冷酷無情な、がさつで惨めな、汚ならしく四條畷市 水漏れの生えたような下層社会の中でも、或はまた単調で冷淡な、いやに退屈に取りすましたような上流社会の間でも、人は必ず一度や二度はまだそれまでに出逢ったこともないような現象に出逢って、生涯、夢に見ることもないような感情に胸をときめかせることがあるものだ。さまざまな悲哀が折り重なって我々の生涯をどのように織り成していようとも、輝かしい喜びの光りがいつかは楽しく照り映えるものだ――それは丁度、絵に描いたような金ピカの馬具をつけた馬に曳かれた馬車が、窓ガラスをキラキラ光らせながら、突然、思いがけもなく、ついぞそれまで四條畷市 水漏れより他は見かけたこともないような、惨めに荒れ果てた寒村を通り過ぎてゆくようなものだ。